クレマチス専門ナーセリー有限会社及川フラグリーン

ブログ

ホームBLOG

魅力解説 冬咲き常緑クレマチス ヘンリー Clematis henryi

咲きはじめは、緑色が濃いめに出る

 

 

徐々に白味が増し、ほんのりと緑色が残る

 

 

冬咲き常緑クレマチスの中でも、比較的新しく日本に導入された

ヘンリー(Clematis henryi)という原種。

自生地は中国や台湾と言われています。

自然ではどんな風に咲いているんだろうか、と、

興味がつきません、見てみたいな。

 

先行して日本に導入され、常緑冬咲きクレマチスのポジションを確立している、

アンスンエンシス(C. anshunensis)ウロヒラ(urophylla)と同じタイプになります。

光沢のある広めの葉、12月下旬〜1月に開花。

ただし、上記2種はかなり似ているのに比べ、このヘンリーはわかりやすく違いがあり、

負けず劣らず、なかなか魅力的な性質を持っています。

どうしても、先行2種が定番化しているので、目立たないのですが、

その性質を考えると、もっとその差が縮まってもいいのではないかと思っています。

 

では、その性質ですが、ざっと以下のような感じになります。

 

 

●花の色、形

 色は緑がかって咲き、徐々に白味を帯びてきます。気温にもよりますが、

 しっかり低温にあたると、濃いめの緑が出ます。

 この緑色がグッときます。

 形は花のエッジが浮き出るような彫刻的な雰囲気が際立っています。

 力強さを感じる形です。大きめのベル形なので、存在感もあり。

 

 

●葉

 その常緑の葉は、葉の縁の鋸歯がはっきりしており、シャープな雰囲気で、

 グリーンとしてもかっこいいです。

 しかも、アンスンエンシス、ウロヒラと比べ、葉が強く、夏の暑さや蒸れでも

 焼けにくいようです。より野生的な雰囲気をしています。

 この点が非常に優秀ですよね。

 

 

●香り

 香りがあります。

 クレマチスなので、バラのようにはいきませんが、

 温度条件などが揃えば、感じることができると思います。

 こちらでは、天気のよい日の温室の中では、

 その香りを楽しむことができています。

 これもかなりの魅力ですよね〜 楽しんでもらいたいポイント!

 冬に、クレマチスで、香りが楽しめたらいいですね。

 

 

主な魅力はこのような感じです。

耐寒性などの性質は、ネットショップの品種詳細をご覧ください。

こういうちょっと珍しい原種にも、ぜひチャレンジしてみてください。

きっと世界が広がると思います。

 

ショップはこちらからどうぞ。

クレマチスの鉢植えのやり方

 

 

春に向け、今年はクレマチスを育ててみよう!、と、

考えている方が、たくさんいればいいな〜、と思っています。

春からの園芸の中に、クレマチスも入れてもらえることを願いながら、

日々、生産、育種の仕事をしています。

さて、そこで、クレマチスの苗を買ってからの、鉢植えのやり方の説明です。

上の写真のようなイメージを目指して。

 

ちなみに、写真の品種、‘マダム・ジュリア・コレボン’は、

赤花クレマチスの名花で、鉢植えでも庭植えでも育てやすく、

初心者にもめちゃくちゃオススメです。

暑さ、寒さに強く、小ぶりな花をたくさん咲かせます。

枝をどこで切っても大丈夫なので、まぁ、楽ですよ。

間違って、切っちゃった、となっても、その後に新しい枝が伸び、

ちゃんと咲きます。

万能品種とは、このことですね。

 

 

 

 

 

さて、鉢植えのやり方ですが、実際のやり方の前に、

とにかく、いい土肥料が大事です!!

これが本当に大事。

 

そして、苗購入後は、買ったままの鉢で育てず、

必ずその鉢より大きいサイズの鉢に植え替えてください!!

初めての人に多いのが、買った時に苗が植え付けられている鉢で、

そのままずっと育てるものだと思っているパターンです。

必ず植え替えましょう。

 

 

では、必要なもの、

鉢(できれば深めの鉢)、培養土、肥料(元肥)、活性液(活力剤)、

支柱(オベリスクなど)

 

 

植え替えの時期は、

真夏と真冬以外(人もうだるような真夏や、地面が凍るほどの真冬は避けます)

秋植えもオススメです!

 

 

それでは、いよいよ、鉢植えの流れ、

 

 

① 苗よりも1〜2回り大きな鉢を用意します。

 クレマチスは直根性のため、深鉢をオススメします。

 例:4.5号苗(及川フラグリーンの販売苗)→7~8号サイズの鉢

   5号苗→8~9号サイズの鉢

 

 

② 植え替え前に、苗を活性液「バイオゴールド バイタル」の希釈液に

 30~60分浸すと、根痛みの回復や、発根促進の効果を期待できます。

 これが効きます。ぜひやってほしいほどオススメ!!

 なお、この作業を行う場合は、根鉢をくずし、

 できるだけ土を除去してから浸してください。

 

 

③ 元肥を混ぜた培養土を鉢の底に入れます。

 

 

④ 苗の根鉢を軽くほぐして、丁寧に植えます。

 この時、枝の地際1節を埋めるように、深植えするのがポイントです。

 根の数が増えやすくなったり、株元から立ち上がる枝の数が増えやすく

 なったりします。

 

 

⑤ 土と鉢の縁の間に、2-3cmくらい余裕を持たせ、ウォータースペースと

 します。水やりの時に、このスペースに水が溜まります。

 鉢の縁ギリギリまで土を入れないように注意してください。

 

 

⑥ 鉢の大きさに応じた、支柱やオベリスクなどを取り付けます。

 なお、使う資材に迷ったら、及川フラグリーンで販売の

 「竹支柱(め竹)」がオススメです!!

 なお、適切なサイズの資材を選ぶと、枝の伸びていくスペースを十分に

 確保でき、誘引が楽になります。鉢植えに使用する資材の目安は、

 高さ70〜100cmくらいの支柱やオベリスクなどになります。

 

 

⑦ 最後に、鉢底から滴り落ちるほど、水をたっぷり与えます。

 

 

●用土について

市販の培養土で大丈夫です。ただし、土はその後の生育を決める大事なもの

なので、価格だけでは決めず信頼できるしっかりしたものを使いましょう。

自分で配合する場合は、

赤玉土(小〜中粒):鹿沼土(小〜中粒):完熟腐葉土=4:3:3を、

基本にしてください。なお、使う土に迷ったら、

及川フラグリーンのオリジナルの

クレマチス・ナーセリーの専用培養土」がオススメです!!

 

 

●肥料について

元肥には、有機質系の固形肥料を使用することをオススメします。

ゆっくりと効き、土の力がアップします。

量はそれぞれの肥料の規定量を混ぜてください。

なお、使う肥料に迷ったら、及川フラグリーンで販売の

バイオゴールド クラシック元肥」がオススメです!!

 

 

最後に繰り返しになりますが、土と肥料はケチらずに、

価格だけでは決めずに、信頼できる良質のものを使いましょう。

その後の生育が格段に変わります。

では、クレマチスの鉢植えを楽しんでください。

 

 

なお、その他のクレマチスの育て方は、以下をご覧ください。

及川フラグリーンの、クレマチスの育て方 Q & A

クレマチスの苗、及川フラグリーンの苗とは?

 

 

クレマチスの苗、及川フラグリーンが生産する苗について。

はじめての人、まだ手に取ったことがない人も多いと思うので、

あらためて、説明します。

こういうクレマチスの苗を生産し、お届けしています。

 

真冬の見た目は、上の写真のような感じです。

ただし、品種によってその見た目は変わるので、微妙な違いがあります。

及川フラグリーンのクレマチスの取り扱いは、200品種以上になりますので、

苗の見た目も、品種数だけバリエーションがあります。

枝の太さ、葉の大きさ、今だったら冬の時期の葉の色、

鉢の中のことであれば、根の太さ、根の張り具合などなど、、、、

これらが品種ごとに変わってきます。

とは言え、真冬のクレマチスの苗のイメージは、

だいたい上の写真のような感じ、と思ってもらって、間違いはありません。

落葉品種は、休眠中です。

 

及川フラグリーンは北東北、岩手県にありますので、

その寒さの中の生産、暖房で温室内を温めることはなく、

できるだけ厳しい低温にあてていますので、

苗はしっかり休眠しています。その証拠が葉の茶色です。

今の時期は、春の芽出しに備え、しっかりと休んでもらっています。

この見た目にびっくりする人も多いですが、決して枯れているわけではなく、

いたって健康な状態です。

 

苗のサイズは、4.5号(直径約13.5cm)になります。

このサイズ感の説明が難しいのですが、小苗ではなく、

大苗でもない、という位置付けになると思います。

お届けのタイミングや在庫状況にもよりますが、2〜3年生の苗になり、

すぐに庭に植えても大丈夫です。

一旦、大きめの鉢に植え替えて、養生してからの庭植え、

という必要はありません。

鉢植えで楽しむ人は、7〜8号鉢(直径20〜25cmくらい)に、

植え替えるのがいいでしょう。

ただし、できるだけ小さめの鉢で育てたい人は、6号鉢(直径約18cm)でも

大丈夫です。その場合は、1〜2年に1回は植え替えをして、土を新しくしてください。

そして、1回目の開花タイミングから花を咲かせる確率が高い、

開花見込み苗、になります。

 

さて、この及川フラグリーンの苗のサイズについて、もう一言。

実は今まで、幾度となく、苗サイズをダウン(3.5号鉢とか)しようか、

はたまた、アップ(5号鉢とか)しようか、と悩むことがありました。

でも結局、このサイズのまま今に至ります。

自分で実際に、様々な種類の鉢植えをつくって育てたり、

庭植えにして、他の植物と組み合わせて庭づくりをすることを通して、

今のサイズがいろいろ使いやすいなと実感してきたために、

サイズ変更はしませんでした。

一応、実践を通しての、実感に基づいています。

イーサゴでの経験になります)

 

土の量が少なすぎると、その量に応じて、根の伸長も限られてしまう。

そうすると、力がない。

では、鉢が大きければ大きいほうが、

大苗であればあるほどいいのかと言うと、そうでもないと思っています。

もちろん大苗は、根の張りからくる、株の充実具合はいいでしょうが、

根鉢が大きくなることによって、

鉢植えの人は、大きな鉢植えをつくらなければならなくなるし、

庭植えの人は、大きな穴を掘り、大きく庭植えをしなければならなくなる。

つまり、庭植えに適する根の張り、株の充実さえとれれば、

あまり大きすぎない、ほどほどの苗サイズがいいのではないか、

ということから、このサイズになっています。

ちょっと、わかりづらいでしょうか。

すぐに庭植えも可能な、大きすぎない苗、

それは、鉢植えで楽しむ場合も、あまり大きすぎない鉢植えをつくれる、

ということになります。

充実度を重視し過ぎると、大きく園芸をしなければならなくなる、

でもそれだと、体力、スペース、用意する資材などもそれなりに必要になる、

ほどほどの感じでやりたい、楽しみたい、でも苗は充実していて、

という園芸のための苗なのです。

 

ぜひぜひ、そんな及川フラグリーンのクレマチスの苗を、

よろしくお願いします。

 

 

期待の芽

 

 

冬の葉の色合い、グラデーション、それも魅力的

▲上に戻る